汗臭い足の匂い?ランの新種発表

投稿グループ

「eureka」によると、以下のような記事がありました。
http://eureka-i.jp/news/2007/07/0707173594.html
—-
 米国カリフォルニア州のヨセミテ国立公園だけに自生する、独特の匂いを放つランが新種であることが分かり、16日カリフォルニア州植物学会誌Madronoに発表された。
 研究者らの発表によると、「ヨセミテ湿地ラン」(Yosemite bog-orchid)と呼ばれるランは、正式名がPlatanthera yosemitensisで、夏の間6mm程度の小さな黄色い花をつけるが、授粉のために昆虫をひきつけるのはむしろ“汗臭い足”のような強烈な匂いだという。この植物は、ヨセミテ国立公園内の9カ所で見つかっていて、高度1830mから2740m、水がわく湿地帯に自生している。このランが初めて採取された記録は1923年だったが、最近になって押し花収集が植物学者の手に渡り、カリフォルニア州内のどのランにも似ていなかったことから調査が始まり、今月になって新種と認められた。希少な植物であることから、自生する詳しい場所は公表されていない。
 ランは自然界で最も多くの種類を持つ植物で、世界で3万種ほどが見つかっている。


汗臭い足の匂い?ランの新種発表への1件のコメント

  1. ありがとうございました。本文中にもリンクを入れました。

  2. toshi コメント投稿者

    http://www.werc.usgs.gov/yosemite/pdfs/Special%20Status%20Plant%20Survey%20Report-2005-YosemiteNP.pdf
    の218?220ページにかなり詳しく書いてあります。貴重な植物です。この報告を読むだけにしておきましょう。