Yosemite Guides によるFly Fishing

投稿グループ

Yosemite Guides Fly Fishing
レポート:川西裕幸
2000年7月20日(木)午後に Yosemite Guides Fly Fishing に参加しました。「フライ フィッシングのインストラクターを半日雇いました」という表現の方がより正確かもしれません。Yosemite Guides は Yosemite View Lodge (El Portal) にオフィスがあり、私達は今回Yosemite View Lodge に宿を取ったので、そのままピックアップしてもらって現地に連れて行ってもらいました。半日コースで最初の1 人が $150、最大 3 人まで 1 人追加するごとに +$50、子供は +$25 と比較的高価なプログラムです。道具はもちろんセットですし、私達は2 日間のライセンスを事前に購入しました ($10.25 Yosemite Valley の スポーツショップで売っている)が、Yosemite Guides の方で用意されていました。
Yosemite Guides の案内によると、「ヨセミテを流れるマーセド川は昔からの石畳の流れで、野生の虹鱒と多くの虫が孵化します。ヨセミテ渓谷の静かな水流はカリフォルニアの小川にいるほとんどの鱒の故郷です。バックカントリーの多くの小さな小川も小さな野生の魚のフライ・フィッシングをはじめるのには最適です。Yosemite Guides の主なロケーションはEl Portal の公園の境界です、そこではマセド川で年間いつでも釣りができ、ハイカントリーの湖や流れにいつでもアクセスできます。私たちはヨセミテで一番釣れる場所を用意してシーズンごとにもっとも適切な場所を用意しています。」


息子といっしょにフライを投げるインストラクター

Yosemite 公園内のマセド川の川岸でフライ(というか糸)の投げ方の練習からはじめました、8
の字を書いて投げる練習を何度もして、Gentle にとか、力を入れすぎないとか色々マンツーマンで教えてくれます(後で役に立ったかというと疑問ですが)。その後川に入って釣りが始まります、まず川虫を探し、それと同じ(自作の)餌をつけてフライします。といってもインストラクターと2人でポイントに投げるので、非常に楽です。子供も同じようにいっしょに投げてくれます。
何度か場所を移動しながら、結局各人 (大人 2 人子供 1 人) 数尾づつの釣果を得ることができました。釣った魚はすべてすぐリリースします、中にはとてもきれいな虹鱒もありました。魚も人と同じで涼しい日陰が好きとの事で、日陰を求めて川沿いを進みました。やはりポイントというものがあるようで、(私達はまったくの素人なので当然ですが)
経験があったとしても、インストラクターなしにはこんな釣果は望めなかったでしょう。

釣り上げた虹鱒

「ヨセミテでフライ フィッシング」なんてちょっと素敵な体験になりました。でも金額も張りますし、英語もマンツーマンということもあって、少しは話せないとコミュニケーションできないので、誰にでもお勧めというわけにはいきません。しかしあれだけ人の多い夏のYosemite も一歩コースを外れると、本当に同じ場所かと思うほど人がいなくて静かでした。観光バスで着て幕の内弁当を食べて帰る(こういう団体さんが本当にいました) ような、ただの Yosemite 観光ではなく、自分のYosemite を発見したいというこだわりの方には良いかもしれません。申し込みはE-mail と FAX を使いました。


コメントは受け付けていません。