• TBSテレビ「NAME-X」

    投稿グループ

    TBSテレビ「NAME-X 挑み続ける者たち」(毎週火曜日21:54〜関東地区で放映)で
    12月2日、12月9日の2回、フリークライマーの平山ユージ氏が紹介されました。
    番組中の、ヨセミテ国立公園の紹介写真を「ヨセミテ国立公園大好き!」より提供させていただきました。(事後報告になり申し訳ありません)


  • David Uberuaga氏が公園管理所長の後任に

    投稿グループ

    公園管理事務所長Mike Tollefson氏の引退のあと、現マウント・レニエ国立公園管理事務所長のDavid Uberuaga氏が後任に決まったようです。なおTollefson氏は引退後、The Yosemite Fundの会長に就任する予定です。
    —-
    ACTING SUPERINTENDENT SELECTED FOR YOSEMITE AND MOUNT RAINIER NATIONAL PARKS
    David “Dave” Uberuaga (You burr ah gah) will serve as acting superintendent of Yosemite National Park, Calif, beginning
    January 4, 2009. He arrives at the park as Superintendent Mike Tollefson retires from federal service.
    Daily Report – Yosemite National Park
    Uberuaga, a 24-year veteran of the National Park Service (NPS) is the current superintendent of Mount Rainier National Park, Wash. He will move to Yosemite Valley and assume Tollefson’s place until the selection of the next superintendent for the park is selected by Regional Director Jonathan B. Jarvis and the Director of the NPS.
    While Uberuaga is stationed in California, his deputy, Randy King, will serve as superintendent of Mount Rainier National Park.
    “I have enormous confidence in Dave,” Jarvis said in making the appointment. “Dave and Mike have served together on leadership councils within the NPS and their relationship ensures a smooth transition.”
    Among the challenges Uberuaga has worked on this year at Mount Rainier is the rehabilitation of the historic Paradise Inn and completion of a new park visitor center also at Paradise. He will be following Tollefson who has shepherded the rehabilitation of Yosemite Falls and Tunnel View.
    “It will be difficult to fill Mike’s shoes,” Uberuaga said. “He retires having achieved tremendous success and a solid relation with the community, and it will be a pleasure to work collaboratively with him as he assumes the position of President of the Yosemite Fund.”
    The selection of a permanent superintendent at Yosemite will take several months. The superintendent is a Senior Executive Service (SES) position, the highest career level in the federal government. The rigorous application process is open to SES qualified individuals within the NPS.
    “Dave’s a solid manager,” Tollefson said. “I can’t think of a better way to start my new position with the Yosemite Fund then by working with him.” (-NPS-)
    *************************************************


  • GLACIER POINT ROAD 再オープン!

    投稿グループ

    冬期閉鎖となっていたGLACIER POINT ROADが暖かい天気が続いたため、21日金曜日から再オープンしています。
    GLACIER POINT ROAD TO OPEN IN YOSEMITE NATIONAL PARK
    The Glacier Point Road in Yosemite National Park will open for all vehicles on Friday, November 21, 2008, at 8:00 a.m. The road has been closed due to ice and snow on the road. However, with the recent warm weather, the road will reopen to all traffic. There will be no commercial facilities available at Glacier point, although restrooms will be available.
    The Tioga Road remains closed in Yosemite National Park. (-NPS-/K. Cobb – 11/21/08)
    *************************************************


  • 外務省:米国へ渡航される方へ:ESTA(エスタ)に申請してください

    投稿グループ

    以下、外務省ウェブサイトからの転載です。
    http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/toko/passport/us_esta.html

    米国へ渡航される方へ:ESTA(エスタ)に申請してください
    平成20年11月改訂
    2009年1月12日から米国の入国制度が大きく変更されますのでご注意下さい。観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合は、査証(ビザ)を免除されており、米国の査証を取得する必要はありませんが、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って申請を行い、認証を受けることが必要となりました。この認証を受けていないと航空機等への搭乗や米国入国を拒否されます。
    詳しくは、米国国土安全保障省のウェブサイト
    http://www.cbp.gov/xp/cgov/travel/id_visa/esta/ )や、
    在京米国大使館のウェブサイト
    http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
    等をご参照ください。
    査証を取得していない場合とは、乗り継ぎで米国へ渡航するケース等も含まれます。また、ESTAは査証免除者を対象としていますから、既に留学や就労の米国査証をお持ちの方は、ESTAへの申請は必要ありません。
    ESTAへの申請は、専用のウェブサイトhttps://esta.cbp.dhs.gov/ から行います。日本語案内のサイトもありますが、入力自体は英語で行います。入力する内容は、これまで米国入国に際して提出していた出入国カード(I-94W)と同じで、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、いくつかの質問に対し、はい、いいえで答える形式となっています。インターネット環境のない方や英語が分からない方等は、申請者本人以外が代行することも可能です。
    申請に対する回答は大概即座になされますが、仮に回答が保留された場合は、72時間以内に回答がなされますので、数時間後に再度ウェブサイトで確認して下さい。また、認証が拒否された場合は、最寄りの米国大使館・総領事館で査証申請を行う必要があります。
    一度認証を受けると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで。)有効となります。ESTAへの申請に当たって、料金は無料です。
    米国政府は、渡航する72時間前までの申請を勧めていますが、申請自体は、具体的渡航日程が決まっていなくともできますので、米国への渡航予定がある方は余裕をもって申請することをお勧めします。
    (参考)
    ESTAは、米国の国内法である2007年「9・11委員会勧告実施法」に基づき、米国が短期滞在査証免除措置をとっている国々(我が国を含む欧州諸国等27か国)全てを対象として2008年8月1日に導入された。当面は任意による申請を勧奨されており、2009年1月12日以降、同システムが本格的に導入される予定である。ESTA申請専用ウェブサイトの日本語版は、2008年10月15日に開設された。
    本制度は、査証免除対象者の出入国カード(I-94W)の情報を出発前にオンラインで米国が収集し、米国が各渡航者について査証免除対象者として渡航する条件を満たしているか、保安上のリスクをもたらさないか等をチェックすることが目的である。またESTAの本格的な導入に伴い、将来的には出入国カードは廃止する予定となっている。