Tioga Road

投稿グループ

タイオガロード(Tioga Road)は、ハイシエラ(High Sierra)、もしくはハイカントリー(High Country)と呼ばれるヨセミテ国立公園の高山地帯を、東西に横断する全長46マイルの山岳道路です。巨大な岩壁群と、滝の景観が見所のヨセミテ渓谷とは、全く趣の異なる三千メートルを越える山々、氷河によって作り上げられたドーム群、それらを取り囲む森林、湖、メドウなどの複合した景観を楽しむことが出来ます。以下シリーズで、Tioga Road沿いの見所・要所をまとめていきたいと思います。
[注意]:Tioga Roadは積雪のため、初夏から秋にかけての半年ほどしか開通していません。また道路開通・閉鎖の時期は積雪によって大きくずれますので、旅行計画には注意が必要です。


Tioga1.1.jpg
[写真:Tioga Roadへの交差点]
まず初回はTioga Roadの西側の基点となるBig Oak Flatとの交差点です。此処はBig Oak Flatの公園料金所からCA120を8マイルほど進んだ地点、Merced Groveの少し先にあります。初めてヨセミテを訪れるときは、ヨセミテ渓谷に向かうことに気をとられ、気づかず直進してしまう所ですが、一度Tioga Road沿いでの楽しみ方を知ると、此処で左折する回数のほうが増えてしまいます。


Tioga1.2.jpg
[写真:Gas Stand]
交差点のすぐ横にはガソリンスタンド(年中無休、24時間セルフサービス)があります。燃料に不安がある方は、此処で給油をしておきましょう。


Tioga2.1.jpg
[写真:Crane Flatのメドウ]
交差点を曲がり、木立の中を半マイル弱も進んでいくと、やがてメドウが現れます。このあたりはCrane Flatと呼ばれています。John Muirは『My First Summer in the Sierra』(1911年)の中で、”It often visited by blue cranes to rest and feed on their long journeys, hence the name.”と、そこを訪れる鶴が名前の謂れであると書いています。余談ですが、Josiah Whitneyは、『The Yosemite Book』(1868年)の中で、El Capitan(エルキャピタン)がインディアンによって”Totokonula”と呼ばれており、それは冬にこの岩壁を越えて渓谷に訪れる鶴の鳴き声を真似た呼び方だと説明しています。 現在でも鶴が見られるのでしょうか。


T1
Tioga2.2.jpg
[写真:Tuolumne Grove駐車場]
メドウのすぐ先には、セコイアの森Tuolumne Groveの駐車場があります。ヨセミテ国立公園にはセコイアの森が3つあり、最も有名なのは公園南端WawonaのMariposa Groveですが、他の二つはここと前述のMerced Groveです。両者ともMariposa Groveに比べかなりスケールが落ちますが、ヨセミテ渓谷やTioga Road周辺を訪れるついでに、セコイアの木を見てみたいという方には便利なスポット です。特にTuolumne Groveは駐車場から歩いて1マイル、高度差400ft.とアクセスの便がよく、一年を通し、週末にはかなりの人と車で賑わいます。
ところで、1833年に現在のTioga Roadにかなり近いルートでシエラネバダを横断し、ヨセミテ渓谷を初めて遠望した白人はJoseph Walkerの探検隊のメンバーですが、その一人Zenas Leonardは後に公開した日誌(1839年)の中で、”In the last two days travelling we have found some trees of the Red-wood species, incredibly large – some of which would measure from 16 to 18 fathoms round the trunk at the height of a man’s head from the ground.”と、巨大な木の発見を書きとめています。これがTuolumneなのかMerced Groveなのかは知るすべはありませんが、最初のセコイア発見の記録として知られています。


T2
Tioga3.1.jpg
[写真:旧Big Oak Flat RoadとTioga Road]
Tioga Roadは、Tuolumne Grove駐車場(標高約6,170ft.)のすぐ先から、樹林帯の中の小さな尾根筋を幾度も回りこむようにして高度を上げていき、やがて平らな尾根の上(標高約7,000ft.)に出ます。ここは旧Big Oak Flat Roadと交差するところで、道路の左側にロードサイドマーカーT2が立っています。左側の旧道はCrane Flatへと下り、さらにTuolumne Groveを通り過ぎBig Oak Flatの公園入り口へと続いています。右側は、Tamarack Flatのキャンプグランドへのアクセスロードとして現在も車両通行が可能になっています。しかしその先は、徒歩でのみ通行可の廃道となり、Tamarack Creekを越え、El Capitanの西側の斜面を辿り渓谷へと下っていきます。この道路は1874年に開通した古いものですが、1940年には、現在の主要道路であるBig Oak Flat Roadが開通し、El Capitan近くで大きな岩崩れがあったこともあり、1943年に閉鎖されてしまいました。


T3
Tioga3.2.jpg
[写真:Gin Flat]
T2マーカーの100メートルほど先はGin Flatと呼ばれ、T3マーカーが立っています。舗装された駐車場には簡単な案内板があり、Tioga Road、旧Tioga Roadの歴史が述べられています(”YOU ARE HERE”と書かれた現在位置の表記場所が誤っていますので注意)。旧Tioga Roadはヨセミテ国立公園(1890年制定)よりも歴史が古く、1883年にTioga Pass付近の銀鉱山への補給路として建設されました。しかし鉱山事業は数年で破綻してしまい、1915年、Stephen T. Mather(1916年よりNPS初代長官)は私費と集めた募金で道路を買い取り、政府へ寄付しました。Linda W. Greeneの『Historic Resource Study:Yosemite』(1987年)によると、Ginの名の由来は、昔此処を通過したワゴンからジンの酒樽が転がり落ち、それを見つけた労働者らが飲んで酔っ払い、いつまでも帰らず捜索騒ぎになったことにあるとのことからです。此処から先Tioga Roadは、TuolumneとMerced水系を分ける尾根に沿うようにして東へと進んでいきます。
Crane Flat/Tuolumne Grove駐車場(T1)—<3マイル>—Old Big Oak Flat Rd.(T2)—<0.1マイル>—Gin Flat(T3)


T4
Tioga4.1.jpg
[写真4.1:T4マーカー]
Gin Flat(T3)から尾根沿いに1マイル進むと、T4マーカーのある未舗装の駐車場が右手に現れます。Yosemite Associationの『Yosemite Road Guide』には、1833年にWalker隊が、この尾根を通過したであろうと書かれています。今でこそTioga Roadを使い、車で1時間もあれば横断できるヨセミテですが、当時は獣道に近いようなインディアントレイルしかありませんでした。その上、Walker隊が山を越えたのは10月後半で、すでに初冬の嵐が通り過ぎ、かなりの積雪が残っていました。隊の記録係Zenas Leonardの日誌には、Mono Lakeを出てから食料も尽き、倒れた馬の肉を食べながらかなりの苦労をし、3週間をかけてヨセミテ越えをしたと書かれています。[注意:隊の横断についての案内板があるとのことですが、現在見当たりません。]


T5
Tioga4.2.jpg
[写真:South Fork Tuolumne River(西向きに撮影)]
ここから道路は、わずかですが下り気味に尾根沿いを進んでいきます。そして1マイル強ほどで、突然右側に開けた谷が現れます。これはTamarack Creekの源流部で、大きな山火事の被害の跡が残っています。木は殆ど焼けてしまい、枯れた立木(Snag)が数多く見られます。そして日当たりがよくなってしまった斜面には、潅木がいっぱいに生えています。此処でHetch Hetchy方面とTamarack Flat CGを結ぶほとんど使われていないトレイルが横断し、谷の下流、Tamarack Flat CG方面には、『Devils Dance Floor』という面白い名を抱いたドーム状の山を望むことが出来ます。此処からTioga RoadはTuolumne水系の斜面に回りこみ、1マイル強ほどで長い直線部が現れます。その最低部にはSouth Fork Tuolumne Riverを越す橋が架かっています[写真4.2、進行方向の逆向きに撮影]。この沢は、Tioga Roadが開通してからしばらくの間、かなりの勢いで水が流れ、車を停めて見入る人々がよく見受けられます。
Gin Flat(T3)—<1マイル>—Walker Party(T4)—<2.6マイル>—South Fork Tuolumne River(T5)


T6
Tioga5.1.jpg
[写真: T6 Smoky Jack]
South Fork Tuolumne River(T5)から1.8マイル進んだところに、Smoky Jackと呼ばれるT6マーカーがあります。ここは両側に林が迫り日当たりが悪く、ちょうど道路のカーブにあたり、簡単に見逃してしまいます。もし左側になだらかで広い岩の斜面が出てきたならば、すでに時遅しです。 Yosemite Road Guideによれば、ここには以前簡易キャンプ施設があったとのことで、確かに右側、木々の陰に平地が見えています(現在は岩でふさがれ侵入不可)。
Smoky JackはJohn Conellのニックネームで、1868年末から1869年5月末にかけて、John MuirがセントラルバレーのLa Grange・Snelling近くで羊飼いをしていたときの雇用主です。Muirは1872年に簡単な旅行記”Rambles of a Botanist Amoung the Plants and Climates of California.”を書き、その中でConnelが豆を主食とし、朝食のあとは汁のこぼれる豆をポケットにつめて昼食としていたこと、このため着ているオーバーオールやブーツは豆の汁を吸ってかなり分厚い物となっていたと、その奇異な習慣について書いています。どのような所以でこの人物の名がここに付けられたのかは、不明です。


T7
Tioga5.2.jpg
[写真: T7 Red Fir Forest、進行方向逆向きに撮影]
T6を過ぎ、1.3マイルほど進んでいくと、道路の両側には立派なRed Fir(Abies magnifica:樅)が目立ちはじめます。Muirは『The Mountains of California』の中で、Magnificent Sliver Firとも書き、その見事なまでの対称さは、シエラネバダの巨木のなかで群を抜いており、その紫がかった赤い樹皮から簡単に見分けられると書いています。『National Audubon Society Field Guide to North American Trees』によると、Red Firは高さにして18-37メートル、直径30cmから1.2メートル、主に標高6000?9000フィート地帯に見られ、ヨセミテではかなりポピュラーな木だと書かれています。そしてMuirの文を真似るかのように、昔の山岳旅行者たちは、香りのすばらしいこの木の枝を切って重ね、ベッド代わりにしたと書いています。
South Fork Tuolumne(T5)—<1.8マイル>—Smoky Jack(T6)—<1.3マイル>—Red Fir Forest(T7)
注意:Smoky JackとRed Firの間の距離1.3マイルは、ガイドブックの数字をそのまま転用したものですが、間違い(近すぎ)があるように思えます。


コメントは受け付けていません