オルムステッド・ポイントのプロジェクト

投稿グループ

olmsted_works.jpg
タイオガロード(120号線)からハーフドーム、クラウズレストを眺望するオルムステッド・ポイントで進行中の工事について、サンフランシスコ・クロニコル紙が報じています。眺めのいい場所までの短いトレイルが整備されるようで、関係者はこれを「インスタント・ウィルダネス」だと呼んでいます。
工事はタイオガロード冬期閉鎖をまたいで、来年の夏シーズン前に終了予定です。
サンフランシスコ・クロニコル紙のサイト


オルムステッド・ポイントのプロジェクトへの2件のコメント

  1. suyama コメント投稿者

    新聞の方のタイトルはOlmsteadになってますね。(笑)
    viewpointへというか、Olmsted Pointまでのアクセスを整備しているのですよね。
    道路沿い駐車場はOlmsted Pointの駐車場であって、
    Olmsted Pointそのものではないですね。
    (Olmsted Point 0.2mileという看板を信じれば)
    ちょっと前までは駐車場の閉鎖部分は半分だけでしたが、
    今は端から端まで網が張られていて駐車困難です。
    Tioga Pass周辺は昨日雪が降ったようです。
    峠周辺の各山はうっすらと雪化粧してました。
    日中でもかなり肌寒くなってます。

  2. にしむら コメント投稿者

    “Olmstead”はタイプミス!。新聞社が格好わるい。
    タイオガパス周辺ではもう雪が何度か降っているようですね。いつ冬期閉鎖になるのかまだわかりませんが、ハイカントリーではもう冬がそこまで来ているようです。