Professional Paper 160 : 1930年

投稿グループ

06212005.0.jpg
1865年、California Geological ServeyのJ. D. Whitneyは、地盤沈下によるヨセミテ渓谷の形成説を唱えました。Whitneyが発表した2年後の1867年には、William P. Blakeが渓谷は主に水による浸食で形成され、最後に氷河による浸食が入ったという説を唱えましたが、専門誌上で発表されたに過ぎず、一般の注目を浴びるには到りませんでした。一方、Whitneyの説は彼の一般向けの著作”The Yosemite Book”(1869年)や”Yosemite Guide Book”(1870年)によって有名になりました。Whitneyは、(Blakeの)氷河による浸食説を否定し、以前は認めていたヨセミテでの氷河の存在すらも否定するようになります。1871年、John Muirはヨセミテ渓谷が氷河のみの浸食によって形成されたという説を思いつきます。同年夏、Muirと共にヨセミテ・ハイシエラの旅行をしたU. C. Berkeleyの地質学者LeConteは、Muir説の氷河の浸食に、ある程度は同意しましたが、それ以前の水の浸食の影響も指摘していました。1874年、Muirは自身の研究の結果を雑誌に投稿し、それが一般の注目を浴びることになります(しかし後年には、カリフォルニア全土が氷河に浸食されたという極論を唱えるまでに到ります)。California Geological Serveyのメンバーでもあり、US Geological Survey(USGS)の初代所長となったClarence Kingは、氷河の流入があったことは認めるものの、その浸食の効果については殆ど無かったものとし、Whitneyのような地盤沈下の立場をとりました。他にも、多くの研究者たちが、それぞれの解釈や自説を発表します。例えば1899年にIsrael C. Russell(University of Michigan)は、氷河浸食説を否定し、Whitneyの地盤沈下説を支持しました。1899年にはHenry W. Turner(USGS)が、渓谷は岩の節理に働いた水による侵食と風化により形成されたもので、氷河の作用は殆どなかったと唱えます。また、同じUSGSのHenry Garnettは、氷河の侵食による形成説を唱えています。他にも多くの学者がそれぞれの説を唱えました。このように諸説が繚乱してまったのは、氷河や氷河流入以前の時代に関する、信頼のおける調査結果がなかったことにありました。1913年、シエラクラブなどの一般からの要求もあり、USGSはこの問題に決着をつけるために、ヨセミテ全域や周辺のハイシエラで、システマチックで徹底的な調査を開始する事にしました。その担当となったのは、主に岩の調査をしたFrank C. Calkinsと、氷河の歴史や、その浸食の進展について調べる事になるFrancois E. Matthesでした。長年にわたる調査の成果は、Matthesによりまとめられ、1930年にUSGSから”Geologic History of The Yosemite Valley:Geological Survey Professional Paper 160”というタイトルの論文として発表されました。これにより、60年にわたる論争に終止符が打たれることになりました。Matthes説の骨子は、広くなだらかな谷が形成されていたシエラ全体が数度にわたって隆起し、Merced Riverにより谷の浸食が進み、やがて深いV字谷が形成された事。そして、氷河期の到来で、そこに幾度かに渡って氷河が入りこみ、その浸食作用で、現在のように両側が垂直に切り立った渓谷が形成されたというものでした。その後の発見や調査結果により修正は加えられたものの、Matthesの説は現在でも、ヨセミテ渓谷の形成に関する通説として認められています。


写真:Professional Paper 160で使われている4枚??絵。オリジナル、もしくは類似の絵が、後に多くの書籍・ガイドブックなどで使われることになる。図説の年代は、Bill Guytonの”Glaciers of California”を使用。政府刊行物で特に著作権保護はされてないので、写真を掲載。論文で掲載されている写真の多くはUSGSのWebで閲覧する事ができる。
06212005.1.jpg
図1 :Broad Valley Stage – シエラネバダの隆起が始まる前のヨセミテには平らな谷が形成されていた。中央の山はHalf Dome。流れる川はMerced River。
06212005.2.jpg
図2 : Mountain Valley Stage – 2500万年前ごろからシエラネバダの隆起が始まった。これによりMerced River沿いの谷が削られていく。
06212005.3.jpg
図3 : Canyon Stage – 150万年前:氷河が入る直前のヨセミテ渓谷。かなりV字谷化が進んでいる。
06122005.4.jpg
図4: 2万年前(三度目)の顕著な氷河浸食が終わったすぐ後のヨセミテ渓谷。現在の渓谷の形が出来上がった。渓谷にはLake Yosemiteが残っている。
ヨセミテ渓谷の形成に関して詳しい一般向け参考書:
*1 Bill Guyton ”Glaciers of California”,University of California Press,(1998)
*2 Jeffrey P. Schaffer,”The Geomorphic Evolution of the Yosemite Valley and Sierra Nevada Landscapes”,Wilderness Press,(1997)
*3 Mary Hill, ”Geology of the Sierra Nevada”,University of California Press,(1975)
*4 N. King Huber,”The Geologic Story of YOSEMITE National Park”, Yosemite Association (1989)


コメントは受け付けていません