The Ancient Bristlecone Pine Forest

投稿グループ

カリフォルニアでは、三種類の『世界一』の木が見られます。
まず世界一高いことで知られるレッドウッド、
次に世界一大きなセコイアの木。これらがヨセミテやセコイア国立公園で見られるのはご存知のとおりです。
そして三つ目は、世界一古い(年輪鑑定による)ブリストルコーンパインです。
今回はヨセミテとは直接関係ありませんが、ブリストルコーンパインについて簡単にご紹介。
シエラネバダの東側を南北に走る395号沿いに、Big Pineと言う小さな町があります。そこから168号を13マイルほど北東にドライブし尾根に上ります。そこからさらに10マイルほどWhite Mountain Roadを北に進むと、USFS管轄のAncient Bristlecone Pine Forestに到着します(写真1)。ここは高度3,000メートルで、山全体がブリストルコーンに覆われています(写真2)。1マイルと4.5マイルの二つのトレイルがあるので(写真3)、体力、時間に合わせて好きなほうを周ってみてください。2008年にVisitor Centerが火事で消失したため、ずっとモーターホームを使った仮の案内所が使われていました(写真4)。新センターは9月1日にオープンしたはずです。4.5マイルルートを歩かれる方は、Methuselah Walkという15ページほどのガイドブックを購入($1を寄付)されることをお勧めします。また2008年の火事で倒れた木の枝を輪切りにしたものを募金のお礼という形で手に入れることが出来ます。この枝は直径2.75インチ、大体120年位経っているようです。
入園料は一人3ドル、もしくは車一台で$6。Visitor centerは10時から5時まで、トレイル・駐車場は24時間開いているとのことです。誰も集金しないので、自己申告で支払うようです。

[1] The Ancient Bristlecone Pine Forest 入り口、後ろはシエラネバダの山。

[2] Bristlecone Pineに覆われた山。

[3] トレイルマップ。

[4]オープン間近(Sep. 1 2012の予定)、内装工事におわれるVisitor Centor。

[5]Metheuselah Walkガイドと、募金のお礼の「枝の輪切り」


コメントは受け付けていません