サンフランシスコ・クロニクル紙記事「Bristlecone’s growth may reflect global warming」

投稿グループ

サンフランシスコ・クロニクル紙に「Bristlecone’s growth may reflect global warming」という記事が掲載されていました。
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/11/17/BAI61ALAHV.DTL
ヨセミテの東、イースタンシエラのホワイトマウンテン周辺に生息する「ブリッスルコーン・パイン」という樹種は地球上で最も長生きと言われていて、「Methuselah」と名づけられた木は4781歳であると確認されています。一見「枯れ木」のようにも見え、ゆっくりとした成長をするこの木も、気温上昇の影響を受けて、近年の年輪が太くなっていることが確認されています。


コメントは受け付けていません